×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バーバリー コートとは

バーバリー コートと言えば、バーバリーは英国の代表的なブランドです。1924年有名な"バーバリー・チェック"が誕生する。バーバリーのコートの裏地としてデザインされたのが起源で、1967年にパリのショーで発表された傘にバーバリー・チェックを裏地以外で初めて使用し、その後、バッグやマフラーなど様々なファッションアイテムに使用された。バーバリーチェックのカラーバリエーションも最初のキャメル/赤/黒/白だけでなく、様々なカラーバリエーションを展開。バーバリーは1911年には人類で初めて南極点に到達したアムンゼンが防寒具として使用されたり、1914年にはトレンチコートとして英国陸海軍に正式採用され、大戦中に50万着以上着用された歴史がある。そしてバーバリーは英国王室の御用達ブランドになりました。

バーバリーのコートといえば英国のブランドであるが、実は日本の三陽商会がライセンスを取って、製造販売しています。バーバリーは日本ではバーバリーの伝統にトレンドを融合させた品のある、モダン・クラシックなスタイルを提案する「バーバリー・ブルーレーベル」や「バーバリー・ブラックレーベル」を展開し、アダルト層だけでなく、若い世代にもアピールすることに成功しています。

バーバリーのコートは絶大な人気を誇る

今や、トレンチコートの代表格といっても過言ではないほどの人気を誇るバーバリー(Burberry)のトレンチコート。 そのデザイン性はもちろんのこと、それ以外にも機能面の優秀さなど魅力は尽きません。 まずはじめに、バーバリートレンチコートにはコットンギャバンという素材が使われており、この素材は防水性が高いことで知られています。 なので、雨に濡れても生地が劣化してしまうことがありません。 このことは、バーバリーのトレンチコートが耐久性の高いものであることにもつながります。 一説によれば、毎シーズンフルに着て10年は持つとか。 少々お値段のはるアイテムではありますが、上質なコートをこれだけ長く着れるのであれば、かえってお得かもしれません。 また、手軽に羽織れるのも魅力です。 バーバリーのトレンチコートは、厚みのあるウールコートと違って軽くて薄いので、持ち歩いてもかさばりません。 薄くても裏地がしっかりしているのでとても暖かいですよ。 バーバリーのトレンチコートには、バーバリーのものとバーバリーブルレーベルのものとがありますが、ブルーレーベルのほうが少し可愛らしいイメージです。 ブルーレーベルは20代半ばくらいまでをターゲットにしているようですが、デザインはキュートな雰囲気を出しつつも上質でシンプルなので幅広い年齢層の方に、また、長い期間愛用していただけると思います。 バーバリーのコートは、トレンチコート以外にも多くのラインナップがあり、メンズ・レディースともに人気があります。 ダッフルコートやステンカラーコート、ハーフコート、そして注目のレインコート。 最近はブランドのレインコートが流行っているようですね。 レインコートといえば、自転車やバイクに乗る人が着る地味なイメージですが、今は違うんです! 雨具というよりスプリングコート感覚で着るのだとか。 ちなみにお値段は5万円くらいするそうです。 レインコートだと思うと高いけど、バーバリーのスプリングコートと考えれば納得のお値段かもしれませんね。 バーバリーのコートはメンズラインも人気が高く、バーバリーのコートを着ている男性はとても洗練された雰囲気に見えます。 国内で発売されているメンズコートは、主にブラックレーベルから出ているようですね。 本家のバーバリーを手に入れたいなら、免税店やネット通販などを利用するといいでしょう。 バーバリーのコートは、ブルーレーベル・ブラックレーベルであればバーバリーの公式ホームページから見ることができます。 新作もいち早くチェックすることができますよ。 今頃はスプリングコートの新作が出た頃かと思いますが、こちらはかなり人気アイテムなので、狙っているならお早目に!

バーバリーのコート|ブルーレーベルって

バーバリー(BURBERRY)はイギリスを代表するファッションブランドの一つで、マフラーやハンカチなどに使われている、バーバリーチェックはあまりにも有名ですね。このバーバリーがコートを発表したのは1924年だと言います。それ以来、バーバリーのコートは全世界に広まり、トレンチコート・ステンカラーコートの代名詞となりました。

「バーバリーブルーレーベル」「ブラックレーベル」というブランド名を聞いたことはありますか?これは、バーバリーよりライセンスを受けた三陽商会が、バーバリーの伝統にトレンドを融合させた品のある、モダン・クラシックなスタイルを提案するという新しいブランドとして立ち上げたものです。バーバリーは、イギリスのブランドですが、この「ブルーレーベル」「ブラックレーベル」は日本製になります。日本生まれのブランドです。この「ブルーレーベル」「ブラックレーベル」は、若い世代を意識したブランドになっています。このブランドのコンセプトは「ジャックリーン・ケネディやオードリーへプバーンが20歳の頃に選ぶ服」だとされています。ですので、販売対象は10代の後半から20代半ばまで…といったところになるようです。

価格も本家と比べるとかなり格安に感じられるでしょう。本物はまだ…という方にも、気軽に買うことができると思います。特にレディースのこのブランドの黒のダッフルコートなどは、とても人気があります。メンズは主に「ブラックレーベル」で販売されています。

今、イギリス本家のバーバリーのコートはなかなか日本では手に入りにくいので、こういった三陽商会の商品もいいと思います。

バーバリーコートの種類

バーバリーのコートには、有名なトレンチコート(Trench coat)、ダッフルコートなどがあります。トレンチコートはもともと軍用コートとして作られたもの。ダッフルコートはオランダやベルギーなどの漁夫の方が来ていたコートだそうです。バーバリーの新作コートは、ホームページ(ブルーレーベル・ブラックレーベル)から見ることはできます。バーバリーのスプリングコートは新作がでるとかなりの売れ行きになるようです。ぜひ、チェックしてみて下さい。

Copyright © 2008
【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。